タイ正月

アーキ・ヴォイスの
コーディネーターです。

毎年この時期になると
取り上げていますが、
タイでは今日から
「ソンクラン」と呼ばれる
正月休みが始まります。

例年、ソンクランでは
4月12日~15日までの間、
「水掛け祭」が行われます。

通常、ソンクランの期間、
タイの首都バンコクでは、
水鉄砲やバケツを持った市民が
街に繰り出し互いに
水を掛け合い新年を祝います。

例年、水掛けでエキサイトし、
事故や死者が多発するソンクラン。
タイの人々はこの時期を
「危険な1週間」と呼びます。

昨年2018年は
タイ政府によると、
ソンクランの期間で
交通事故が3742件、
死者は418人(前年は390人)
となりました(驚)。

この時期のタイには
世界中から旅行者が集まります。

(逆に、タイ人は喧噪を避けて
 海外に旅行する人も多くいます。)

ただ、今年は5月4日に国王陛下の
戴冠式が執り行われることもあり、
バンコク周辺の一部イベントが
中止されることが発表されています。

 「カオサンとシーロム
  ソンクラン祭のイベント中止

(『バンコク週報』の記事にジャンプします)

なお、上記の『バンコク週報』は、
在タイ日本人向けに1976年に創刊された
東南アジアで最も古い日本語メディアです。
弊社は『バンコク週報』に出資し、
パートナー契約を結んでいます。

 □ バンコク週報 URL
 https://bangkokshuho.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です