日本語の用語集が防ぐ誤訳。

こんにちは。
アーキ・ヴォイス翻訳コーディネーターのオーです。

今回もスタッフ間での事例共有会にて、
お客様から寄せられる質問や要望に関し、
上長が共有した内容をお伝えしたいと思います。

お役に立てば、幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■■日本語の用語集が防ぐ誤訳■■

ここ2週間に渡り、用語統一に関する
情報を共有してきました。

話をしている中でひとつ思い出したことが
ありますので、

今日はそれについてお話したいと思います。

それは、日本語の用語集が防ぐ誤訳、
についてです。

以前、あるお客様の翻訳を担当した際、
英語へ翻訳したファイルを納品したところ、
海外の現地法人から「ここは誤訳では?」
という指摘を受け、再チェックしたことが
ありました。

どのような指摘だったかというと、

full-time(専業)

とすべき箇所が

captive(専属)

となっている、とのこと。

もともと翻訳開始前、
これらの単語は誤解を生む可能性が
あると感じており、

翻訳担当との間では
以下のように定義していました。

*専業:
他の仕事をせずにこの仕事を本業とする
→full-time

*専属:
ある会社の仕事だけを取り扱うとする
→captive

翻訳担当者との間で上記の定義を
用語集を作成して共有していたため、

原文と訳文を照らしあわせてみると
誤訳ではないことがわかりました。

しかし、海外現地法人からは
「もう一度チェックしてください」
とのこと。

そこでもしやと思い、
日本側のお客様に聞いてみました。

「もしかすると、日本語原文自体が
間違っていませんか?」

こう聞くと、思ったとおりでした。

日本語原文で本来、

「専業(full-time)」とすべき箇所が
「専属(captive)」になっていた、

というわけです。

このように、似ている日本語が
登場する場合、

お客様自身が原文作成時に言葉の意味を
混同して作成している可能性もあります。

コレを防ぐためにも、
事前に日本語版の用語集も作成し、
社内でハンドブックのように共有しておくと、

翻訳時には誤訳を防ぐことができますし、
また用語統一の役にも立ちます。

用語集は訳文にだけ役立つのではなく、
原文にも役立つという認識を持ち、

精確性を求めるお客様に、
作成を勧めてみることも大事かもしれません。

(以上、ミーティング内容より)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

似て非なる言葉はたくさん存在しますので、
私たち自身もそういう言葉に対し、

「こういう意味だろう」と思い込むことは
危険だとつくづく思いました。

しかし翻訳してはじめてこういう怖さを
知るわけですから、

翻訳経験の豊富な私たちが
そのようなリスクをお客様に伝えることは
お客さまにとっては必要なサービスなのかも
しれない、とも感じます。

必要の際には、用語集の提案など
できれば、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です